Columnコラム

外壁塗装の必要性とは?トラブル例や塗り替えの目安となる症状

「外壁塗装って本当に必要なのだろうか?」と考えている方も多いのではないでしょうか?

屋根や室内の設備などとは違い、外壁塗装の劣化は「見た目が悪くなるくらいだから何とかなる」と考えられているパターンが多く、ついつい後回しにされがちです。

ですが、外壁塗装の定期的な塗替えは快適な生活を送る上で非常に重要なポイントであり、もし放置してしまうと様々な弊害が生じてしまう可能性があります。

この記事では、外壁塗装が必要な理由をはじめ、放置することで起こりうるトラブルなどを解説していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

外壁塗装の必要性

外壁塗装の目的は、外観を綺麗に保つのはもちろん、大切なお住まいを長く保護することです。

具体的には以下の4つが挙げられます。

建物を塗膜(塗料が固まったもの、塗料の膜)によって防水し、寿命を伸ばしてあげる必要があるのです。
建物は、毎日雨や紫外線を浴びているため、塗膜は日々劣化していきます。
それを塗り替えもせずに放置すると、雨漏りを引き起こしたり下地の柱を腐らせてしまうことにつながる可能性があります。

それぞれ解説していきます。

外壁や建物を保護するために必要

外壁塗装をする1番の目的は外壁の保護です。

紫外線をカットする効果があるのが特徴で、人体と同様、住居も紫外線による悪影響を受けています。

紫外線を浴びすぎた外壁はひび割れのように劣化が起こりやすくなるため、塗装によって外壁を保護する必要があります。

外観を綺麗に保つために必要

劣化が目立ちはじめてきた外壁は、塗装し直すことによって見違えるほど綺麗になります。

塗装の劣化が進むと、クラックと呼ばれるひび割れやコーキングと呼ばれるシーリング材の切れなどが目立ち、見た目が悪くなります。

劣化が目立つ外壁は住宅は通りがかった人に「ずいぶん古い家だな」という印象を与えてしまうため、長く放置することはおすすめしません。

湿気の侵入や雨漏りを防ぐために必要

外壁塗装をすると外壁材をコーティングする効果があり、撥水効果をもたせることが可能です。

塗装工事ではひび割れの隙間などを埋めることができるので、雨漏りなどを防ぐ効果があります。

補修費用を抑えるために必要

外壁塗装を行わずに劣化を放置してしまうと建物の耐用年数を著しく下げてしまったり、劣化が進行した結果、補修費用も大きくなってしまうといったリスクがあります。

放置して壁材が劣化してしまうと張り替えなどを行う必要性が出てきますので、定期的な塗り替えを検討してみましょう。

外壁塗装の劣化を放置することで起きる3つのトラブル

外壁の劣化を放置するとさまざまな弊害が生じてしまうケースがあります。

発生する可能性のあるトラブルは次の3つです。

それぞれ解説していきます。

外壁の補修費用が膨れ上がる

塗装がはがれて雨水などが侵入すると、外壁の劣化が進んでしまいます。

外壁材の内部を侵食して劣化が進行すると外壁材の交換が必要となり、そうなってしまうと高額な費用が発生してしまう可能性があります。

外壁塗装というのは先々の補修費用を抑える予防的なメンテナンスになります。

外観が悪くなる

外壁塗装をしてから5年ほど経過すると色あせやツヤ引けが起きはじめて、10年ほど経過するとチョーキング(外壁を触ると手に白い粉が付く状態)やクラック(ひび割れ)が発生し、塗装はがれが目立つようになってきます。

ここまでくると外観が悪くなってしまい、良くない印象を与えてしまう可能性があります。

雨漏りが起こる

雨漏りは、屋根の劣化や破損で起きるものと思っている人が多いのですが、実際には外壁が原因で起こるケースも多々あります。

外壁に使われる建材は、雨水や紫外線に長期間耐久できるような素材でできていないため、塗装を施して紫外線や雨水から保護しています。

外壁材が劣化してくると、ひび割れたり変形したりして隙間が生まれ、その隙間から雨水が侵入して雨漏りが発生します。

外壁塗装が必要となる3つの劣化症状

ここからは外壁が必要となる3つの症状を優先度順に解説していきます。

なお、雨漏りが起きてしまうと塗装ではなく外壁の張替えが必要になってくる可能性が高くなるため、ここでは「予防」という意味合いでの内容となります。

もしお住まいの外壁に以下の症状が見られたら外壁塗装のタイミングになりますので参考にしてみて下さい。

それぞれ解説していきます。

優先度1:塗装はがれ

塗装剥はがれは雨漏りを起こす一歩手前の非常に危険な状態です。

経年劣化が原因の場合は、クラック(ひび割れ)などの劣化している箇所から塗膜内部に雨水が入り塗膜の剥がれや膨れが発生します。

塗膜が剥がれている部分は、防水効果が失われているため、水分が建物内部へ侵入していき雨漏りが発生してしまいます。

この症状が見られた際にはできるだけ早めに外壁塗装を検討しましょう。

優先度2:クラック(ひび割れ)

クラック(ひび割れ)とは、外壁にひびが入っている状態のことを指します。

劣化の進行具合によってクラックの線の太さが変わってきますが、0.3mmを超えるクラックが見られた場合は、外壁の裏までひび割れが発生している可能性があります。

ここまでくると雨水などの水分が建物内部に侵入してくるため、外壁塗装を検討しましょう。

優先度3:チョーキング

チョーキングとは、外壁を手で触ってみてチョークような白い粉が付く状態のことを指します。

塗料が紫外線や風雨などの影響を受けて劣化が徐々に進み、塗料の中の白色顔料が分解され表面に出てきたものです。

白い粉が多少手に付くようであればそこまで緊急性はありませんが、放置をし続けると建物内部への雨水などが侵入してくる可能性もありますので、
様子を見ながら外壁塗装を検討しましょう。

火災保険でより安く屋根修理ができる?

ほとんどの方がご加入されている火災保険の中には、自然災害により建物被害を受けた場合、その修理・修繕費用を補助してくれる特約が付いているものがあります。

この保険は種類にもよりますが火災のみではなく、雪害や風水害などで建物に被害が出た場合でも元の状態に復旧する費用を保険会社が負担してくれます。

近年、屋根修理やお住まいの補修に火災保険が使えるということが少しずつ認知されるようになりました。ですが、まだ全て実費で修理されている方が多いのも事実です。

実際に修理する際に火災保険を適用して「自己負担 0円」で施工したケースも多くあります。

ですので気になる箇所がある場合は、まずは保険申請をしてみることをおすすめします。

関連 ⇒ 火災保険で費用負担を「0円」に

まとめ

外壁に何らかの不具合に気づいていても、心理的に「屋根よりも緊急性が低い」と考えて後回しにするケースが多く見受けられます。

ですが一度不具合が発生すると、想定よりも早く外壁の劣化が進行していきます。

そのまま放置すると、雨漏りなどを発生させ、お住まいの寿命を縮めてしまう可能性があるため、できるだけ早いが塗り直しが必要です。

まずは塗り直しすべき症状かどうかを定期的にチェックし、必要があれば補修を検討しましょう。

また、台風等の自然災害で外壁に破損が生じてしてしまった場合は、火災保険で自己負担なく原状復旧を行える可能性があります。

もし気になる点があった場合には「無料診断」をおこなっておりますので、まずはお気軽に「ファーストハウジング」にご相談下さい!

----------------------------------------

住まいとは家族の思い出や成長が詰まった大切な場所。

ファーストハウジングではこれから一生涯、住むことを前提にした様々なアイディアをご提案させて頂きます。

ホームページ内で 火災保険を利用した施工例 も掲載していますのでチェックしてみて下さい。

当社ではお気軽に相談頂けるように LINE 公式アカウントを開設しました。

【ファーストハウジング】安心の24時間対応・住宅修繕のことならお任せください!

株式会社ファーストハウジング

【本社】〒871-0058 大分県中津市豊田町 6-20 AXIS ONE 1F-c
【平塚支店】〒254-0051 神奈川県平塚市豊原町 28-6-902
【福岡支店】〒814-0123 福岡県福岡市城南区長尾 1丁目 13-23 1階
【熊本支店】〒254-0051 熊本県熊本市中央区出水 6-2-6-702号

電話番号:0979-23-6187(本社)
受付時間:24時間対応