Columnコラム

外壁塗装リフォームに最適な時期はいつ?季節ごとのメリット・デメリット

お住まいの塗装は年月を重ねるにつれて徐々に劣化していきます。

特に外壁は最も目立つ箇所になり、外観の印象を大きく左右するため、10年ごとを目安とした塗り替えの検討が必要となります。

ですが、季節や条件によっては塗装に適さないタイミングもあり、せっかくならベストな条件で工事を行いたいですよね。

このコラムでは、外壁塗装のリフォーム工事に適した気候条件や季節ごとのメリット・デメリットについて紹介しています。

外壁塗装をいつするべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装に適した気候条件

塗装のリフォーム工事は外観の美しさを保つだけでなく、防水効果などのお住まいを守る効果もありますので、定期的な塗り替えが必要となります。

ですが、塗装工事に適さない気候条件があるため、まずはその条件を確認・理解しておきましょう。

塗装は"乾燥が十分にできるか"が非常に重要で「気温5度以上」「湿度85%以下」の条件が揃えば塗料が乾燥するとされています。

この条件に合わない気候で塗装工事を進めてしまうと、塗料に水分が混入したり、十分に乾燥できないまま塗装を重ねることになり、塗装の仕上がりに大きな影響を及ぼして施工不良などにつながってしまう可能性があります。

より美しく、効果的に塗装をするためには、気温と湿度の気候条件が合う時期に塗装工事を行うことが大切です。

外壁塗装はいつがベスト?季節ごとのメリットとデメリット

では、実際に塗装工事を行うのに適した季節はいつなのでしょうか。

基本的には、気温と湿度の気候条件に合うのであれば問題なく塗装を行うことは可能ですが、せっかく工事を依頼するのであればより工事に適した季節を選びたいものです。

ここからは外壁塗装を行う際に知っておきたい、季節ごとのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

春に外壁塗装を行うメリット・デメリット

春のメリットは「暖かい日が多く、比較的に湿度も低いこと」という点です。

塗料が乾きやすいため、気候的には外壁塗装工事を行うのに最も適した季節と言われています。

春のデメリットとしては「春雨前線により雨となる可能性がある」という点です。

春先は春雨前線の影響で雨が降る日が続いてしまうなど、工期が延びてしまう可能性も考慮しておく必要があります。

また、比較的に気候条件がいいため、同じように外壁塗装を検討・依頼する方が多い時期になり、希望日で工事を行うことができない可能性もあります。

ですので、外壁塗装を検討されている方は早めに調整を進めることをおすすめします。

夏に外壁塗装を行うメリット・デメリット

夏のメリットは「気温が高く、塗料が乾きやすい」という点です。

塗料がしっかりの乾くかが最も重要なポイントですので、その点では夏も塗装に適した季節と言えます。

夏のデメリットとしては「梅雨前線によって長期間雨が降る可能性がある」という点です。

また、塗装工事の際は窓をすべて閉め切る必要がありますので、エアコンなどの空調設備は必須です。

タイミングとしては梅雨明けの比較的に湿度が低い時期がベストとなります。

秋に外壁塗装を行うメリット・デメリット

秋のメリットは「気温、湿度ともに安定している」という点です。

春と同様に空気が乾燥しており、塗料が十分に乾きやすい季節になります。

秋のデメリットとしては「秋雨前線・台風により雨となる可能性がある」という点です。

秋は台風のシーズンでもあるため天気が安定せず、天候によっては工期が延びてしまうこともありますので気象情報に注意が必要です。

冬に外壁塗装を行うメリット・デメリット

冬のメリットは「湿度が低くなりやすい」という点です。

降雪地域以外であれば空気が乾燥しやすく、特に弊社が活動拠点としてる九州エリアでは問題なく塗装工事を行うことができます。

冬のデメリットとしては「気温が5度以下になると作業中断の可能性がある」という点です。

日にちや時間帯によっては塗装工事を進めることができない気候条件「気温5度以下」になるため、作業時間が限られたり、作業が中断することも考えられます。

スケジュールに余裕を持たせた日程調整を念頭においておくといいでしょう。

修理・修繕であれば火災保険適用で費用が0円に?

経年劣化や自身のタイミングでの外壁塗装は実費負担となりますが、例えば、風災(台風)や水害(洪水・高潮)などの自然災害で外壁に破損被害が出た際は「火災保険」を適用することができ、費用負担「0円」で修繕可能なケースがあります。

知らずに放置していたという方でも、今から火災保険を申請すれば手出しで費用出さずに修理・修繕ができるかもしれません。

下記のページで工事の費用を少しでも抑えるための上手な火災保険の使い方についてわかりやすく紹介していますので。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連 ⇒ 火災保険で費用負担を「0円」に

まとめ

新築や前回の塗装から10年が経過すると塗り替えの目安時期となりますが、何度も気軽に塗り直すものではないため、適切なタイミングでしっかり施工しておく必要があります。

「気温5度以上」「湿度85%以下」の条件が揃うのであれば塗装工事を行うことができますので、お住いの地域に合わせた計画を立てておくことが大事ですね。

塗装工事は2週間ほどかかるのが一般的ですので、スケジュールに余裕を持って動くようにしておきましょう。

----------------------------------------

住まいとは家族の思い出や成長が詰まった大切な場所。

ファーストハウジングではこれから一生涯、住むことを前提にした様々なアイディアをご提案させて頂きます。

ホームページ内で 火災保険を利用した施工例 も掲載していますのでチェックしてみて下さい。

当社ではお気軽に相談頂けるように LINE 公式アカウントを開設しました。

【ファーストハウジング】安心の24時間対応・住宅修繕のことならお任せください!

株式会社ファーストハウジング

【本社】〒871-0058 大分県中津市豊田町 6-20 AXIS ONE 1F-c
【福岡支店】〒814-0123 福岡県福岡市城南区長尾 1丁目 13-23 1階

電話番号:0120-014-246
受付時間:24時間対応